ラブグラ、レディグラで更年期症状での性交痛を改善

レディグラ

バイアグラジェネリックシアリスジェネリックレビトラジェネリックラブグラ

更年期症状で性交痛が起きることがある

更年期になると女性ホルモンが減少してしまいます。そうするとホットフラッシュの症状が起きたりイライラしやすいなど体に様々な症状が起きてきます。更年期症状として性交痛が起きることもあります。女性は更年期になると、血流が悪くなって膣の機能が低下してしまいます。そして膣が乾燥しやすくなり、分泌物が出にくくなって潤いがなくなってしまうのです。その結果、挿入時に痛みを感じる事になるのです。これを我慢して続けてしまうと、膣に傷が出来てしまう事があります。出来てしまった傷口から菌が入り、感染病になってしまう事もあるので注意が必要です。痛みがストレスになる事で、更に乾燥が進んでしまう事もあります。膣に痛みが起きたら、まずパートナーに知らせて理解して貰う事が大切です。最近では様々な潤滑ゼリーが売られていますので、利用するのも一つの方法です。潤滑ゼリーを利用して潤いを持たせてから性交を行う事で痛みを軽減させる事が出来ます。

気になる性交痛の改善法とは

カップル

気持ちの良いセックスを望んでいるのに性交痛を感じてしまい悩んでいる人も多いでしょう。
セックスは、女性ホルモンの分泌を促してくれる役割もあるので、定期的なセックスは健康や美容にも良いのです。
性交痛を感じる場所は、膣の入り口付近と奥の痛みの二つに分かれます。
原因としては更年期やサンゴなど女性ホルモンバランスの乱れや精神的なもの、生まれつき膣が狭い女性であること、外陰部の炎症、相手の前戯が不十分なうえでの挿入などです。
改善法としては、相手に「性交痛がある」ということを伝えて充分な前戯をしてもらったり、ローションや潤滑ゼリーなどを使用するのがおすすめです。
ドラッグストアでも購入ができますが、人に見られて恥ずかしいと感じる方は通販サイトでの購入がおすすめです。
成分も無添加処方のものや国産のもの、敏感肌用などメーカーから様々なタイプの潤滑油が販売されているので利用者の口コミなどを参考に選ぶとよいでしょう。

交痛を感じる女性の対処法

女性

人によってはセックスの際に「性交痛」を感じる女性もいます。
性交痛の原因は様々ですが、場合によってはヘルペスやトリコモスなどの性病に感染していることが原因のときもあるので、セックスの際に何回も性交痛を感じたら一度は婦人科を受診してみるのがよいでしょう。
感染が判明した場合は医師の判断に従い、一定期間は抗生剤の投与がされます。
処方された薬をしっかりととって、バランスの良い食事や良質な睡眠をとることで改善されていきます。
性病に感染していないのに性交痛を感じる場合の対処法は、「潤滑ゼリーの使用」がおすすめです。
外陰部や膣内の「うるおい不足」を解消することで痛みを感じにくくする事が出来ます。
挿入時にかすれるような感じがなくなりスムーズに挿入できるのです。
デリケートな部分に使用する「潤滑ゼリー」は成分にもこだわりがあり、安心して使用することが可能です。
通販サイトから購入ができるので一度試して見てはいかがでしょう。

AGA治療薬早漏防止ペニス増大性病治療薬

SNSでもご購読できます。