性交痛の原因とレディグラ、ラブグラでの解消法

病院

バイアグラジェネリックシアリスジェネリックレビトラジェネリックラブグラ

年齢を重ねると性交痛がでやすい

女性の性交痛は、実は年齢を重ねるとでやすい傾向があります。
特に40代以降の更年期年齢になると、女性ホルモンが激減してさまざまな障害に悩まされるケースが増えます。
更年期障害のひとつの症状として性交痛もあり、夫婦関係に影を落とすことも少なくありません。
女性ホルモンや更年期・閉経と女性の身体や人生は深く繊細に関連しています。

女性も加齢により、毛量が減り細くなったりして薄毛に悩むケースが増えてくます。
髪の毛のボリュームだけでなく、毛髪自体の水分量が減って、パサついたりうねり・クセがでやすくなったりします。
身体全体でコラーゲンの保持が難しくなって肌が衰えたり、口の中が乾きやすくなるのも、加齢と老化が原因です。
性交痛は膣のうるおい不足が大きな影響を与えていて、年齢とともに出現するともされています。
精神的なストレスや夫婦間の問題など心理的要因が影響している場合も多々ありますが、年齢との関係が深いのも事実でしょう。

性交痛は病院での治療がおすすめ

カップル

人には訊きにくく、実際に多くの人が経験しているのが性交痛です。性交痛は精神的に問題を抱えていたり、ホルモンバランスが崩れたりした場合などに一時的に感じることが多く、自然と治ってしまうことも多いため人によっては性交痛を感じた場合でもそのままにしておくケースは珍しくありません。しかしながら性交時に痛みを感じつつをそれを放置してしまうと症状が悪化してしまうことがありますし、重大な病気の前触れとなっていることもあるので、痛みが何日も続くようであれば病院での治療を受けることを強くおすすめします。

性別に関係なく痛みが続く場合の主な原因として考えられるのが細菌性の炎症やカンジダによる炎症、クラミジア感染症などです。これらのウィルスなどが原因の場合、病院での治療が不可欠ですし放置してしまうとパートナーにまで病気を移してしまうリスクもあります。
また女性に多い原因の一つが子宮内膜症です。この症状が原因の場合も専門機関で治療を受けることが大切です。

性交痛で起こるいくつかの症状

女性

セックスの時に痛みを感じるのが性交痛ですが、その症状はいくつかに分けることができます。まず、膣の入り口付近が痛い場合は、外陰部に炎症が起きている可能性が考えられます。具体的にはカンジダなどに感染していたり、ホルモンバランスの低下で膣が委縮している可能性です。
また、奥や内部が痛む場合は、クラミジアや淋病が疑われます。ペニスが奥の方を突き上げるたびに痛むというのは、子宮筋腫や内膜症などの症状が考えられるでしょう。性交痛に加えて生理痛などもある場合は、さらに可能性が高まります。
そして、以前セックスして性交痛があった場合は精神的なものが原因で起こることも多いです。痛みがあるのではないかと考えることで、より痛みを感じてしまいます。さらに更年期の女性の場合は、膣分泌液の量が減るために痛みを感じるということが増えてきます。粘膜が弱くなって、分泌液が減るので、セックスすることで出血や感染などの可能性もあるでしょう。

AGA治療薬早漏防止ペニス増大性病治療薬

SNSでもご購読できます。