メガリスは主成分タダラフィルを含むシアリスのジェネリック医薬品

メガリス

バイアグラジェネリックシアリスジェネリックレビトラジェネリックラブグラ

メガリスの持続時間は驚異の36時間

メガリス

メガリスは効き始めるのもゆるやかですが、その持続時間もとても長いです。メガリスの持続時間は最大で36時間だといわれています。そのため、1度服用するだけでストレスを感じることが少なく、パートナーとの時間を過ごすことができるのです。バイアグラの持続時間は、最大5時間程度。レビトラが最大10時間程度だということと比較すると、その長さが分かることでしょう。

もっとも、36時間の持続時間というのは、メガリスの用量にもよりますので、24時間~36時間という幅はあります。ただ、メガリス10mgの場合でも、24時間は効果を発揮してくれることが多いので、自分も心に余裕が持てますし、パートナーにも気を遣わせることが少なくなると言えます。

しかし、持続時間は、勃起時間とイコールだというわけではありません。性的刺激を受けることにより、服用していない状態よりも、勃起機能の反応が良い時間が持続するというように捉えることが大切です。

メガリスは性行為の約3時間前に

メガリスは即効性のある薬ではないため、服用後すぐに性行為をしても効果的に働きません。そのため、緊急を要するシチュエーションには向かないのです。メガリスの効果が最大限に発揮されるのが服用してから約3時間後だといわれていますので、余裕を持っての使用がおすすめです。

ただ、メガリスは必ずしも性行為の3時間前に服用しなければならないというわけではありません。パートナーと旅行に行くなどで、性行為のタイミングがいつになるか掴めない場合には、3時間以上前に服用しても問題はありません。メガリスの持続時間は長いため、服用を早めても効力が弱まるということはないのです。

アルコールも適量なら大丈夫

メガリスは、適量ならばアルコールとの併用も可能です。しかし、過度な飲酒は避けることが賢明です。アルコール量が多いと、メガリスが有効に働かなくなることもあり、期待していた効果が十分に発揮できない可能性があります。また、過剰な飲酒で立ちくらみなどの副作用が出るケースも報告されています。

しかし、アルコールが適度に入ることで精神的にリラックスができ、メガリスとの相乗効果がより示された例もあります。そのため、アルコールを過度に飲まないように注意をすれば、あまり神経質になりすぎない方が良いかもしれません。

服用後24時間経てば再度飲んでもOK

メガリスは最大36時間効果が持続しますが、服用後24時間が経てば再度飲んでも構わないとされています。36時間効果が持続するのに、その途中の24時間でメガリスを飲むと効果が重複するのではないかと不安に思う人もいるかもしれません。しかし、メガリスは安全域が広い薬のため、24時間間隔、または1日に1錠の服用で問題ないといわれています。また、服用後24時間が経つ頃には、血液中にあるメガリスの有効成分はずいぶんと少なくなります。それにより、再度服用しても問題がない血中濃度となっているのです。

ただ、これは糖尿病や腎機能障害がない人の場合ですので、これらの病気を持っている人は、医師とメガリスの使用量などを相談する必要性があります。

AGA治療薬早漏防止ペニス増大性病治療薬

SNSでもご購読できます。