緊急避妊ピル(アフターピル)は早く飲む程避妊効果が期待できます

アイピル

バイアグラジェネリックシアリスジェネリックレビトラジェネリックラブグラ

ピルはどうして避妊できるのか説明します

 アイピル

女性の下腹部にある卵巣では、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)という二種類のホルモンが出ています。この二種類のホルモンをコントロールして、女性の月経周期がもともと持っている機能をうまく活用し排卵を起こさせずまた受精卵を着床させにくくするのが、ピルの仕組みです。
ピルはどうして避妊できるのか説明しましょう。月経第一日目でピルを飲むと、ピルに含まれているごく少量のエストロゲンを女性ホルモンの集中監視装置である視床下部がキャッチします。いつもより少しホルモンのレベルがあったなと認めた視床下部は、本来ないはずのエストロゲンがあるので、もう排卵が起こったのだと勘違いをするのです。すると卵子を成長させなさいという指令や、排卵しなさいという指令が出ません。卵巣は指令が来ないので働きが止まり、卵胞が成長せず排卵がストップするため妊娠しなくなるのです。
つまりピルは通常おこるホルモンの変動を起こさせないことによって、卵の発育を止めさせ卵巣から出るエストロゲンやプロゲステロンも出なくします。それによって妊娠に必要な卵をストップしてしまうのです。排卵がないだけでなく周期変動に応じて起こる子宮の内膜の変化もほとんど起こらないので、月経量が少なくなります。

便利なピル副作用はあることに注意

オブラル-L・経口避妊薬

多くの女性の方にピルというものが認知されてきています。避妊に役立つという事はもちろんですが、婦人科系の病気の治療に利用できるという事もあり、様々な目的で利用したことがあるという方もいるはずです。使用することにそれほど抵抗感がなくなっているという方も多くなってきています。
様々な目的で利用されているピル副作用はあるという事に注意しておきたいものです。やはり正常な体の機能を制限していく薬ということになりますから、それに伴う作用は必ずしも良い方向へ作用する物でないという事もあるのです。特にピルを始めて服用するという方は注意しておきましょう。吐き気や頭痛などが起こりやすくなりますし、不正出血などが起こる場合もあります。慣れてくると収まる場合もありますが、場合によっては大きな病気につながることもあるため、処方された病院へ相談をしてみましょう。
そのためにも、きちんと診察を受けたうえで処方してもらうということが肝心となります。人からもらった物や不法に手に入れたものは使わないようにしておきましょう。また、それほど必要がない状態で安易にピルを使うという事は副作用のリスクを考えるとさけておくようにしたいものです。

ピルによる避妊メリットはどのようなものか

トリキュラー・低用量避妊ピル

欧米では昔から避妊のためにピルを使う女性が多いです。
低用量ピルが普及したことで日本でもピルを利用する女性が増えています。
ピルによる避妊メリットは大きいです。
正しく服用すれば、ほぼ100%避妊することができます。
日本ではコンドームによる避妊が主流ですが、コンドームを利用した避妊は失敗例も多いです。
避妊に失敗して中絶することになった場合、女性の体には大きな負担がかかってしまいます。
ピルが服用すれば中絶のリスクを避けることができます。
ピルには避妊以外にもメリットが多いです。
女性の中には生理の周期が安定せず悩んでいる人が多いですが、ピルを服用することで決まった日に月経を起こすことが可能になります。
生理前になるとホルモンバランスが崩れてフェイスラインにニキビができることがありますが、ピルにはホルモンバランスを整える作用があるのでニキビ予防にもなります。
生理痛がひどくて学校や会社を休む場合、学業や仕事に影響が出ます。
ピルを服用すると生理痛が和らぐので、学校や会社を休まずに済みます。
スケジュールに合わせて月経のコントロールができるので、旅行に行く場合や重要な仕事が入っている場合に便利です。
月経量を抑えることができるので、貧血の改善も可能です。

ピルによる避妊デメリットは?どんなものがあるか

ヤスミン・低用量避妊ピル

避妊には様々な方法がありますが、その中でもコンドームと並んでよく話に挙がるのがピルです。しかし、ピルによる避妊デメリットは?というと中々挙げられない方も多くいらっしゃいます。では、ピルによる避妊にはどんなデメリットがあるのでしょうか。
まず最もよくあるのは吐き気だと言われています。これは続いたとしても最長で3ヶ月ほどだと言われていますが、症状が出る方は飲み始めると気分が悪くなり吐き気を催すことがあるようです。ただこれは食事と一緒にピルを摂取することで緩和できる場合もあります。
また同じようによくあるものとしては胸の張りやむくみ、頭痛といったものが挙げられます。これらの症状も飲み始めからしばらく続くことが多いのですが、徐々に軽減するといった方もいるようです。
他には食欲が増進したという話もあります。もともと生理前後はホルモンバランスが変わることからか食欲が旺盛になるという方はある程度いるようです。ピルを飲んだ場合もエストロゲンとプロゲステロンを調節することになるので、生理の時と同様に食用が増進する場合があるというわけです。
このようにピルには様々な副作用があります。これらを把握した上で上手に使って避妊に役立てるようにした方が良いといえるでしょう。

AGA治療薬早漏防止ペニス増大性病治療薬

SNSでもご購読できます。