性交痛

性交痛の原因とレディグラ、ラブグラでの解消法

病院

バイアグラジェネリックシアリスジェネリックレビトラジェネリックラブグラ

年齢を重ねると性交痛がでやすい

女性の性交痛は、実は年齢を重ねるとでやすい傾向があります。
特に40代以降の更年期年齢になると、女性ホルモンが激減してさまざまな障害に悩まされるケースが増えます。
更年期障害のひとつの症状として性交痛もあり、夫婦関係に影を落とすことも少なくありません。
女性ホルモンや更年期・閉経と女性の身体や人生は深く繊細に関連しています。

女性も加齢により、毛量が減り細くなったりして薄毛に悩むケースが増えてくます。
髪の毛のボリュームだけでなく、毛髪自体の水分量が減って、パサついたりうねり・クセがでやすくなったりします。
身体全体でコラーゲンの保持が難しくなって肌が衰えたり、口の中が乾きやすくなるのも、加齢と老化が原因です。
性交痛は膣のうるおい不足が大きな影響を与えていて、年齢とともに出現するともされています。
精神的なストレスや夫婦間の問題など心理的要因が影響している場合も多々ありますが、年齢との関係が深いのも事実でしょう。

性交痛は病院での治療がおすすめ

カップル

人には訊きにくく、実際に多くの人が経験しているのが性交痛です。性交痛は精神的に問題を抱えていたり、ホルモンバランスが崩れたりした場合などに一時的に感じることが多く、自然と治ってしまうことも多いため人によっては性交痛を感じた場合でもそのままにしておくケースは珍しくありません。しかしながら性交時に痛みを感じつつをそれを放置してしまうと症状が悪化してしまうことがありますし、重大な病気の前触れとなっていることもあるので、痛みが何日も続くようであれば病院での治療を受けることを強くおすすめします。

性別に関係なく痛みが続く場合の主な原因として考えられるのが細菌性の炎症やカンジダによる炎症、クラミジア感染症などです。これらのウィルスなどが原因の場合、病院での治療が不可欠ですし放置してしまうとパートナーにまで病気を移してしまうリスクもあります。
また女性に多い原因の一つが子宮内膜症です。この症状が原因の場合も専門機関で治療を受けることが大切です。

性交痛で起こるいくつかの症状

女性

セックスの時に痛みを感じるのが性交痛ですが、その症状はいくつかに分けることができます。まず、膣の入り口付近が痛い場合は、外陰部に炎症が起きている可能性が考えられます。具体的にはカンジダなどに感染していたり、ホルモンバランスの低下で膣が委縮している可能性です。
また、奥や内部が痛む場合は、クラミジアや淋病が疑われます。ペニスが奥の方を突き上げるたびに痛むというのは、子宮筋腫や内膜症などの症状が考えられるでしょう。性交痛に加えて生理痛などもある場合は、さらに可能性が高まります。
そして、以前セックスして性交痛があった場合は精神的なものが原因で起こることも多いです。痛みがあるのではないかと考えることで、より痛みを感じてしまいます。さらに更年期の女性の場合は、膣分泌液の量が減るために痛みを感じるということが増えてきます。粘膜が弱くなって、分泌液が減るので、セックスすることで出血や感染などの可能性もあるでしょう。

AGA治療薬早漏防止ペニス増大性病治療薬

ラブグラ、レディグラで更年期症状での性交痛を改善

レディグラ

バイアグラジェネリックシアリスジェネリックレビトラジェネリックラブグラ

更年期症状で性交痛が起きることがある

更年期になると女性ホルモンが減少してしまいます。そうするとホットフラッシュの症状が起きたりイライラしやすいなど体に様々な症状が起きてきます。更年期症状として性交痛が起きることもあります。女性は更年期になると、血流が悪くなって膣の機能が低下してしまいます。そして膣が乾燥しやすくなり、分泌物が出にくくなって潤いがなくなってしまうのです。その結果、挿入時に痛みを感じる事になるのです。これを我慢して続けてしまうと、膣に傷が出来てしまう事があります。出来てしまった傷口から菌が入り、感染病になってしまう事もあるので注意が必要です。痛みがストレスになる事で、更に乾燥が進んでしまう事もあります。膣に痛みが起きたら、まずパートナーに知らせて理解して貰う事が大切です。最近では様々な潤滑ゼリーが売られていますので、利用するのも一つの方法です。潤滑ゼリーを利用して潤いを持たせてから性交を行う事で痛みを軽減させる事が出来ます。

気になる性交痛の改善法とは

カップル

気持ちの良いセックスを望んでいるのに性交痛を感じてしまい悩んでいる人も多いでしょう。
セックスは、女性ホルモンの分泌を促してくれる役割もあるので、定期的なセックスは健康や美容にも良いのです。
性交痛を感じる場所は、膣の入り口付近と奥の痛みの二つに分かれます。
原因としては更年期やサンゴなど女性ホルモンバランスの乱れや精神的なもの、生まれつき膣が狭い女性であること、外陰部の炎症、相手の前戯が不十分なうえでの挿入などです。
改善法としては、相手に「性交痛がある」ということを伝えて充分な前戯をしてもらったり、ローションや潤滑ゼリーなどを使用するのがおすすめです。
ドラッグストアでも購入ができますが、人に見られて恥ずかしいと感じる方は通販サイトでの購入がおすすめです。
成分も無添加処方のものや国産のもの、敏感肌用などメーカーから様々なタイプの潤滑油が販売されているので利用者の口コミなどを参考に選ぶとよいでしょう。

交痛を感じる女性の対処法

女性

人によってはセックスの際に「性交痛」を感じる女性もいます。
性交痛の原因は様々ですが、場合によってはヘルペスやトリコモスなどの性病に感染していることが原因のときもあるので、セックスの際に何回も性交痛を感じたら一度は婦人科を受診してみるのがよいでしょう。
感染が判明した場合は医師の判断に従い、一定期間は抗生剤の投与がされます。
処方された薬をしっかりととって、バランスの良い食事や良質な睡眠をとることで改善されていきます。
性病に感染していないのに性交痛を感じる場合の対処法は、「潤滑ゼリーの使用」がおすすめです。
外陰部や膣内の「うるおい不足」を解消することで痛みを感じにくくする事が出来ます。
挿入時にかすれるような感じがなくなりスムーズに挿入できるのです。
デリケートな部分に使用する「潤滑ゼリー」は成分にもこだわりがあり、安心して使用することが可能です。
通販サイトから購入ができるので一度試して見てはいかがでしょう。

AGA治療薬早漏防止ペニス増大性病治療薬

レディグラ飲むことで濡れやすくなり性交痛を緩和させる効果あり

レディグラ

バイアグラジェネリックシアリスジェネリックレビトラジェネリックラブグラ

レディグラを通販し服用してみた評判と口コミ

 レディグラ

レディグラを使ってよかった

私はいつも彼氏と性交する時に、なかなか気分が乗らなくて濡れないのが悩みでした。元からあまり性欲も強くありませんし、できるだけ性交はしたくないと思っていたくらいです。彼氏のことは大好きですが、どうしてもそういう行為をしたいと思えませんでした。そんな時にレディグラのことを知って使ってみたのです。そしたら、以前よりもかなり濡れやすくなって本当に驚いてしまいました。なかなか濡れないのでいつも性交の時には痛くて苦痛しかなかったのですが、まるで自分ではないかと勘違いしてしまうくらい濡れて、さらにすごく性交をした時にも気持ちよかったのです。今まで彼氏は好きだけど夜が憂鬱でしたが、最近は自分から誘ってしまうほどです。

性交痛に年齢は関係あるか、原因を詳しく検証

カップル

性の営みは本来、男女双方に喜びと快感を与えるものです。しかし快感を得られるはずの行為が、痛みをもたらしてしまう場合もあります。
性交痛によって性の営みに不安を感じるようになり、悩んでいる女性も多くいるといわれています。なぜ痛みが生じてしまうのか、そして性交痛に年齢は関係あるか検証してみましょう。
性交痛が引き起こされてしまう原因の多くは、デリケートゾーンのうるおい不足にあるといわれています。十分に分泌された体液が潤滑剤として役割を果たし、デリケートな粘膜を保護していれば、摩擦による痛みは生じません。
なぜうるおいが不足してしまうのか、その理由は心理的なものやホルモンバランスの乱れにあります。女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、分泌がスムーズに行われなくなり性交痛が引き起こされてしまうのです。
女性ホルモンのバランスは年齢や出産等の影響によって変化します。たとえば更年期障害なども、加齢によるホルモンバランスの影響によって引き起こされる問題の一つです。つまりデリケートゾーンのうるおい不足による性交痛は、年齢と関係があるケースもあるということになります。女性ホルモンのバランスを整えたり、専用のジェル等を使用することで対策が可能です。

女性の悩みのひとつ「性交痛」って何か

女性

性交痛は女性の性の悩みのひとつです。
更年期に起こることが多く、痛みを改善するには「性交痛」って何かについて知る必要があります。
更年期が近づくと膣の機能が低下して血液の流れが停滞しがちになります。
血液の流れが停滞すると皮膚が乾燥しやすくなり、バリア機能が低下して感染が起こりやすくなります。
更年期の影響で女性ホルモンの分泌が減少すると、潤いが減るので痛みが出ることもあります。
更年期になると精神的な原因も加わって体に様々な変化が訪れます。
性交痛の改善にはパートナーの協力も必要です。
今は潤滑ゼリーも様々なタイプがあるので、利用したい場合は専門家に相談するとアドバイスをもらえます。
痛みがひどい場合は早めに専門医に相談することが大切です。
病院で治療する場合はHRTも選択できます。
HRTはホルモン補充療法で、最近はホルモン補充療法を活用する人が増えています。
性交時に痛みを感じる場合は骨盤の問題も考えられます。
薬での治療で治らない場合は専門医に相談した方が安心です。
更年期になると性交痛をはじめ様々な問題が生じ始めます。
パートナーと協力して、生活習慣の見直しを含めトータルに治療をしていくことが重要です。

パートナーとの痛いセックスの対処法

パートナーとの痛いセックスの対処法としては、お互いによく話し合い、痛いということをパートナーにも理解してもらうことです。相手があまりよく理解していない可能性も高く、何も言わなければ状況はかわりません。そのためにも、一度よく話し合ってみることからはじめましょう。
また、セックス時に緊張しすぎている可能性もあります。緊張することでセックスをしても気持ちよくないということはあります。できるだけ緊張をほぐしてリラックスするということも大切です。お互いに少し時間をとり、会話を楽しむ、ふれあいを重視してセックス行為に及ぶ前段階をある程度時間をかけて行うなど工夫してみるといいでしょう。
その他にも、ローションを使ってみるなどセックス時に痛みがでないように対処するということも必要です。セックスをする場合に何も使用してはいけないなどのルールはありません。恋人、夫婦など人によってさまざまな愛し方があるということも理解しましょう。痛いセックスに悩んでいるなら少しでもその痛みを軽減する方法やセックスの仕方をかえてみるなどいろいろと試してみることが重要です。お互いが納得のいくセックス方法をみつけるように心がけていきましょう。

AGA治療薬早漏防止ペニス増大性病治療薬