ビリトラ10mgから得られる効果、成分、飲み方、副作用とは

ビリトラ

バイアグラジェネリックシアリスジェネリックレビトラジェネリックラブグラ

ビリトラ10mgから得られる効果、成分、飲み方、副作用とは

ビリトラ

ビリトラ10mgは、男性のEDに効果的な薬品の一種です。効果、成分、飲み方、副作用とは次の通りです。まず効果ですが、飲み始めてから30分程度で効果が表れ始めて5~8時間程度持続します。またバルデナフィルが10mg含まれており、服用できるのは1日1回までとなります。次の服用までは必ず24時間以上の間隔を空けるようにしましょう。飲み方に関しては、小さな錠剤であるため水かぬるま湯で飲むようにします。副作用についてはいくつか確認されており、のぼせ感・頭痛・消化不良・吐き気・腹痛・血圧の変化・頭や胸の拍動感などが確認されています。これは薬品の血管拡張作用が原因で起こる症状ですが、いずれも軽度であることが挙げられます。

男性に起こる勃起不全と心臓病の関係性について

心臓病

勃起不全と言うとその男性に精力が足りないだけと思う人もいるかもしれませんが、心因性のものと器質性のもの、それにそれらが重なって発症する場合もあります。極端に疲労して精力が足りなくなることもありますが、その場合は体力が戻れば元通りになるでしょう。しかしストレスや緊張が過度に続くなどして起こる心因性のものや血管や神経などの障害で起こる器質性の場合は、すぐに戻るようなものではありません。

ところで勃起不全と心臓病の関係性が言われることがあります。心臓病の中には狭心症や心筋梗塞などといったものがあります。狭心症や心筋梗塞は血管が詰まることで、その先の細胞が一時的に虚血状態になったり、最悪は壊死したりもします。先ほど書いたように器質性の勃起不全も血管の詰まりによって引き起こされることもあります。そのため勃起不全になった場合は、心臓病の予兆を疑って検査してみた方がいいとも言われています。

多くの人が悩んでいる男性の薄毛と男性活力低下

薄毛

男性の薄毛と男性活力低下は4人に1人が悩んでいると言われている男性共通の悩みです。薄毛については30代から悩む人が増え始め、30代で2割強、40代で3割の人が悩んでいるとされています。活力低下についても同じような傾向があり、30代では2割強、40代では3割半の人が悩んでいるという調査結果があります。働き盛りとされている30代や40代ですが実は薄毛や活力低下などで悩んでいる人は多く、無理をして仕事や私生活をがんばっているケースもあるようです。女性パートナーの半数近くは男性に対して髪の力強さや男性活力を求めるとの結果があります。パートナーとの関係を良好に保つ為にも薄毛予防と男性活力の維持は重要と言えるでしょう。

AGA治療薬早漏防止ペニス増大性病治療薬

SNSでもご購読できます。