レビトラとジェネリックバリフとの価格比較について

バリフ20mg

バイアグラジェネリックシアリスジェネリックレビトラジェネリックラブグラ

レビトラとジェネリックとの価格比較について

価格

レビトラとは現在国内で販売されているED治療薬のひとつです。主に勃起を促す効果があります。よく比較される薬としてバイアグラがありますが、レビトラはより水に溶けやすく短時間で作用します。そのレビトラにはジェネリックがあります。ジェネリックとの価格比較してみるとレビトラは一錠あたりだいたい1500円から2000円くらい費用がかかります。一方ジェネリックはバリフだと10分の1ぐらいです。それとブリトラも同じような値段で購入できます。ただ、効果には個人差もあるため、値段の安さだけで選ぶのではなく、自分の体質に合った薬を選んだ方がいいです。費用が高いため先発医薬品を購入できずに悩んでいる方とかは試してみてもいいと思います。ただ海外サイトで購入する場合粗悪品や偽物などまともな効果が期待できないものもあるので注意するべきです。なかには不衛生な環境で製造されたものもあります。 大切なのはまずは一度信頼できるお医者さんに相談してみる方がいいです。

レビトラ1錠の価格相場について

レビトラは、5ミリグラム・10ミリグラム・20ミリグラムがあります。多くの病院で扱っているものは、10ミリグラムと20ミリグラムです。レビトラ1錠の価格相場は、10ミリグラムで約1500円・20ミリグラムで約2000円となっています。レビトラなどのED治療薬は、病院で購入する場合保険適応外となります。健康保険適応外ということは、治療薬代金だけではなく、治療そのものの代金が全額負担となります。ジェネリック医薬品の場合は、10ミリグラムでも20ミリグラムでも、1錠数百円から購入することが出来ます。また、40ミリグラムや60ミリグラムといった、含有量の高い薬も購入することが可能です。含有量が高いということは、効果が出やすい反面、健康被害に懸念が生じてきます。病院で処方されたものであれば、公的制度である医薬品副作用被害救済制度を受けることが可能です。処方方法が正しかったにも拘らず、健康被害が出てきた場合に治療費の一部を負担してもらうことが出来るのです。安全に服用するためにも、病院で診察を受けたうえでの処方が大切です。

偽物の価格相場を知ることで騙されない

バイアグラなどのED治療薬がインターネットで手軽に入手できる時代です。便利な時代になりましたが、それまではなかった危険も登場しています。どのような危険かというと、詐欺にあう・偽物をつかまされる・健康被害にあうなどです。偽物をつかまされた場合にはなにも効果がないだけならまだよいほうです。有害な成分が含まれていて健康に重大な被害を受けたという被害報告も出ているからです。偽物の価格相場を知っておくことで被害にあう可能性を減らせます。
バイアグラなどの新薬の価格相場はだいたい1,500円から2,000円です。これは一錠あたりの価格なのでかなりの高値です。それにたいしてバリフなどのジェネリック医薬品は一錠あたり500円程度ですみます。偽物はさらに安く、200円以下で販売されていることもあります。バリフは新薬と比較して10分の1以下の価格がついていたら偽者を疑いましょう。またジェネリック医薬品の価格相場をあらかじめ調べておき、相場通りの価格の商品を買うことで騙される可能性が減らせます。

病院でレビトラ購入する流れを説明します

まずレビトラを処方してくれるクリニックなどに事前連絡をしてレビトラを処方しているか、確認をしておくことが大切です。レビトラを処方しているならば、クリニックを訪れ、EDの診察であることを受付で伝えます。初診の場合には問診票を渡され、答える必要があります。問診票への記入が終わると、医師との面談となります。この際、何時ぐらいからEDであることを認識したか、や、どのような状況であるか、など事細かに質問をされます。その上で医師の判断で最適と思われるED薬について説明がありますが、その際に、レビトラが欲しい、ということをはっきりと伝えるようにしましょう。ED薬には禁忌事項もありますので、それに抵触していなければレビトラが処方されることになります。処方箋をもって薬局で購入することもありますが、EDを診察するクリニックなどでは院内処方となる場合が主流です。患者のプライバシーも保護されるので安心です。保険はききませんので、実費による支払いとなります。以上が病院でレビトラ購入する流れとなります。

AGA治療薬早漏防止ペニス増大性病治療薬

SNSでもご購読できます。