ED治療薬であるレビトラの偽物を販売するとどうなるか?

バイアグラジェネリックシアリスジェネリックレビトラジェネリックラブグラ

ED治療薬であるレビトラの偽物を販売するとどうなるか?

偽物

レビトラは男性が自分が考えてる勃起をすることができない症状を言い、この勃起不全の症状になると性行為に支障を来たすので高い効果がある治療薬は人気があり、そのためにレビトラも使用している男性がとても多くなっています。
しかしレビトラは日本では認可されていない海外製の医薬品なので、日本に入っているのは輸入品になり、その人気の高さから偽物が多く出回っているのは間違いありません。
では、偽物を販売するとどうなるか?
これは販売業者もですが使用者も気になるところです。もしも販売業者が偽物であることを事前に知っていて販売すれば詐欺罪になりますが、販売業者も海外の製薬会社と輸入を仲介する仲介業者から購入しているので、この仲介業者が偽物であることを偽って正規品という名目で販売していると詐欺罪での立件は難しくなるでしょう。
日本で認可していない海外製の薬は個人輸入の形式を取っていて、この個人輸入は自己責任の割合が高くなっているのではっきりと販売業者が偽物と認識していれば身体的に被害を受ければ傷害罪でも訴えられますが、その判断が難しいので泣き寝入りの可能性が高くなるでしょう。

ED治療薬レビトラのメーカーが偽物排除でする事

ED治療薬レビトラのメーカーが偽物排除でする事とはどういうものなのでしょうか。いろいろとネット上などでも噂になっているとおり、レビトラのような医薬品の場合はとくに、海外では偽物の薬が問題になっています。これは服用する患者さんにとっても問題ですが、正規のメーカーにとっても利益を奪われることになりますし、ブランドイメージも傷つくなど、良いことは何一つありません。
そのためメーカーとしても偽物排除のためにできる事は何でもするということになります。例えば啓蒙活動も重要です。偽物があるので、掴まされないようにという注意喚起を一般の患者さん向けに行う活動です。あるいは、偽物ではないかと疑われるような製品が見つかった場合に、本当に偽物なのかそれとも実は正規品なのかを判別することも重要です。ですが、メーカーはあくまでメーカーに過ぎず、国家当局でも捜査機関でもありませんから、偽物を作っている工場に踏み込むというようなことはできません。そのあたりは当局と情報交換するということになります。

ED治療薬レビトラ保険適用可能か?

問診

ED治療薬のレビトラ保険適用可能か?という質問を耳にすることがありますが、これは残念ながら保険適用にはなりません。そのため、たとえ健康保険適用の医療機関を受診して処方してもらったところで、医療費の全額が自己負担となります。ですから、薬だけを個人輸入で購入したほうが値段的には安くなることは間違いないでしょう。薬の個人輸入の場合は薬代以外の診察費や検査費などは一切かかりませんし、また薬代そのものも海外の安価なジェネリック医薬品を購入することで低く抑えることが可能です。
どうして保険適用にならないのかという疑問に真正面から答えるのはなかな難しいのですが、これは制度だからとしかいいようがありません。あらゆる医療の全てに保険を適用していては財政が破綻してしまうからで、保険を適用するのが適当ではないと考えられる疾患の治療薬に関しては保険対象から外されるようになっているからです。EDの他には例えば男性型脱毛症の治療薬などが挙げられます。

ED治療薬シアリス、レビトラ、バイアグラでは効果の持続時間の違いがある

シアリスレビトラ

日本で国から製造販売が承認されている勃起不全(ED)治療薬にはシアリス、レビトラ、バイアグラの3種類がありますが、これらの大きな違いの一つに持続時間の違いが挙げられます。
日本で初めてED治療薬として承認されたバイアグラは、50mg錠を服用すれば5時間程度は効果が持続します。これに対してレビトラは10mgタイプの持続時間はバイアグラと同程度ですが、20mgタイプにすることで最大で10時間程度EDが改善された状態を維持することができます。
一方、シアリスの薬効の持続時間はバイアグラやレビトラと比較してもかなり長く、10mg錠では最大で24時間、20mg錠になると最長36時間となっています。シアリスは効き始めるまでの時間が他の2種類より長く、性行為を始める3時間ほど前までに服用しなければならないのが難点ですが、その分持続時間が非常に長いため、性行為の途中で効果が切れてしまう事態が起こる可能性はほとんどありません。

AGA治療薬早漏防止ペニス増大性病治療薬

SNSでもご購読できます。