サビトラ20mgを服用する時の効果、成分、飲み方、副作用とは

サビトラ20mg

バイアグラジェネリックシアリスジェネリックレビトラジェネリックラブグラ

サビトラ20mgを服用する時の効果、成分、飲み方、副作用とは

サビトラ20mg

サビトラはレビトラのジェネリック医薬品です。レビトラはバイアグラの次に登場したED治療薬品で国内でも厚生労働省の認可を得て販売されています。その効果、成分、飲み方、副作用とはどういったものでしょうか。
勃起不全障害や中折れ、早漏を防止する効果が認められており、水溶性であるため即効性も高く持続効果も高いため断トツで人気のED治療薬品です。主成分は「塩酸バルデナフィル」で、これはバイアグラの成分と同系統です。1日1回、好意に至る30分から40分前に水やぬるま湯で服用します。空腹時の服用の方がより効果を高めます。1日の可能摂取量はサビトラ20mgですが、最初は20mgの半分から様子を見ることが勧められています。サビトラとの併用禁忌薬がありますので医師との確認が必須です。副作用として、ほてり、頭痛、鼻づまりや目の充血などの軽い症状が報告されていますので、長引く場合も医師への相談が必要です。

サビトラが効果あるEDのタイプはどう言ったものか?

サビトラが効果あるEDのタイプは早漏の傾向にある場合が挙げられます。これは服用することで、サビトラは硬さが出やすくなり刺激に対して鈍くなる作用が出る為で、その結果射精までの時間が延長する事になります。時間的には5時間から6時間程度ですが、軽いEDであれば効果の時間はもっと長くなります。またサビトラは水に溶けやすい性質である為即効性があるED治療薬としても定評があり、食事の影響も食べ過ぎなければ(具体的には腹7分目程度)効果が出るとされています。ただし食事の中にグレープフルーツが入っていると、フラノクマリン酸という成分により予期せぬ副作用が発生する恐れがあるので気をつけなければいけません。よって普通に食事をとった場合効果は一時間ほどで出ますが、空腹時であれば20分程度で作用するという速さがあるのが特徴です。

AGA治療薬早漏防止ペニス増大性病治療薬

SNSでもご購読できます。